性はうるおいある老後を送るための大きな要素だ

性はうるおいある老後を送るための大きな要素だ

一九八九年五月二十二日の朝日新聞に、「”タブー”の中の老人の性」と題する特集記事がありました。これは老人の性に対する九十四人からの真摯な投書をも とに構成されているのですが、興味深い内容ですのでご紹介します。

「素直に言って、これ(性)なくして何が人生かと極言してはばかりませんよ。……われわれ老人も生きる喜びを、夫婦同床に求めたいと思います」(福岡県/七十五歳•男性)

「私も八十六歳を迎えましたが、いまだに性欲に関心があります。若い頃のよぅな元気はありませんが、心の安らぎには絶対必要です。私には老人会仲間の七十歳ぐらいの好きな女性が一人あり、……半日ぐらいお茶飲みを楽しみます。別れにキスをしてそれが楽しみです」(茨城県/八十六歳•男性)

「年老いて初めて性の大切さを知りました。今の私の楽しみは、一力月に二、三回、ソープへ行って遊ぶことです。何もかも忘れて性の喜びに浸ったとき、生き ていてよかったと心の底から叫びたくなります」(神奈川県/六十五歳•男性)

「七十歳を一力月ほど過ぎました。シングルになって十年、……彼は私より五歳年下なのですが、初対面でフィーリングはピッタリ。何の違和感もありませんでした。つき合い始めて三力月目で自然と結ばれました。月に二、三回お会いしていますが、……毎日が新鮮で、以前にも増して充実した生活を送っています。この生活をいつまでも、長く、長く続けたく思っています」(埼玉県/七十歳•女性)「生殖(子づくり)が終わってからこそ、ほんとぅの性を楽しむべきと心得る。性欲は食欲と同じで、健康のしるし、頭脳も老化しない。自然の欲求に従えばよく、無理な禁欲こそ有害である」(東京都/七十一歳•男性)

このよぅに高齢者のセックスはタブー視することなく、高齢者だからこそ、活き活きとした毎日を過ごすためにセックスは必要なのです。