性はうるおいある老後を送るための大きな要素だ

性はうるおいある老後を送るための大きな要素だ

一九八九年五月二十二日の朝日新聞に、「”タブー”の中の老人の性」と題する特集記事がありました。これは老人の性に対する九十四人からの真摯な投書をも とに構成されているのですが、興味深い内容ですのでご紹介します。

「素直に言って、これ(性)なくして何が人生かと極言してはばかりませんよ。……われわれ老人も生きる喜びを、夫婦同床に求めたいと思います」(福岡県/七十五歳•男性)

「私も八十六歳を迎えましたが、いまだに性欲に関心があります。若い頃のよぅな元気はありませんが、心の安らぎには絶対必要です。私には老人会仲間の七十歳ぐらいの好きな女性が一人あり、……半日ぐらいお茶飲みを楽しみます。別れにキスをしてそれが楽しみです」(茨城県/八十六歳•男性)

「年老いて初めて性の大切さを知りました。今の私の楽しみは、一力月に二、三回、ソープへ行って遊ぶことです。何もかも忘れて性の喜びに浸ったとき、生き ていてよかったと心の底から叫びたくなります」(神奈川県/六十五歳•男性)

「七十歳を一力月ほど過ぎました。シングルになって十年、……彼は私より五歳年下なのですが、初対面でフィーリングはピッタリ。何の違和感もありませんでした。つき合い始めて三力月目で自然と結ばれました。月に二、三回お会いしていますが、……毎日が新鮮で、以前にも増して充実した生活を送っています。この生活をいつまでも、長く、長く続けたく思っています」(埼玉県/七十歳•女性)「生殖(子づくり)が終わってからこそ、ほんとぅの性を楽しむべきと心得る。性欲は食欲と同じで、健康のしるし、頭脳も老化しない。自然の欲求に従えばよく、無理な禁欲こそ有害である」(東京都/七十一歳•男性)

このよぅに高齢者のセックスはタブー視することなく、高齢者だからこそ、活き活きとした毎日を過ごすためにセックスは必要なのです。

高齢者のセツクス回数

高齢者のセツクス回数

もちろん、いくら性欲を抱いていても、若い頃と同じょうなセツクスをすることは不可能です。それは、二十代の時には階段を駆け上がることができたのに、七十歳ではできなくなるのと同じことで、どうしても歳を重ねるにつれて足腰が弱くなり、老化してくるのは避けられません。生理学的にいっても、性機能の働きを促す男性ホルモンの分泌は減少していきます。

しかし、だからといって、まつたくセツクスが不可能になつてしまうというこ とではありません。

前項でご紹介したキンゼィ報告を見ても、八十代の人が一力月半に一回という割合でセックスを行っていますし、一九八一年に六十歳から九十歳代までの高齢者計八百人から聞き取り調査を行ったアメリヵの別の報告にょれば、なんと週に平均一•四回もセックスしているというのです。

これらの調査を見ても、「もう歳だから仕方ない」と諦めてしまうのはまったく根拠のないことだといわざるをえません。生理学的にみても、セックスをやめ る理由はまったくないのです。

「高齢者意識調査」の結果ガ示す性への希求

人の営みとして当たり前のはずの高齢者の性

 

  • 「高齢者意識調査」の結果ガ示す性への希求

 

四十代や五十代ならいざしらず、六十代や七十代、またはそれ以上の年齢になると’人はどうしても「もう1だから仕方ない」と勝手に諦めてしまう風潮にあるようです。それゆえに、七十代になつても性欲があつたりすると「俺は異常ではないのか」とか「この哉で恥ずかしい」と思い込み、性欲を抑えようとする人もいます。

 

この風潮は、ある意味では仕方のないことかもしれません。というのも、若い人や中苹層くらいまでのセックス情報は、雑誌やテレビなどに犯濫しているのに、高齢者向けとなるとまつたくないからです。高齢者のセックスの実態や意識調査というものもほとんど表に出てこない状態です。これでは、たとえセックスを行っていたり、性欲をもつていたりしても、「この歳で俺は異常ではないのか」と不安に思うのも道理でしよう。

 

しかし、実際のところはどうなのでしようか。先頃、中日新聞に面白い記事が載っていました。それは、栃木県鹿沼市に住む川田一郎さんという産婦人科医の方が、近隣に住む六十から九十四歳の高齢者二千九百五十人を対象に無記名で行った「高齢者性意識調査」です。これによると、男性の五六.一%が「勃起する」と答えており、そのうちの六〇%以上が「射精可能」だとしています。

 

さらに、性欲に関していえば、「まつたくない」と答えたのは男性で百四十人、女性でも五百二十四人だけでした。

 

この調査結果を見ても、高齢者が性欲を抱くのはけつして不自然なことではなく、まして「恥ずかしい」などと思うほうが不自然だといえましよう。

マンネリには気分転換が必要

マンネリには気分転換が必要

 

また、夫婦生活のマンネリについても、ちょっとした工夫で思わぬ効果をあげることがあります。

 

例えば、寝室の模様替えをしたり、枕元の明かりをちよっと変えただけでもずいぶんと新鮮な印象を受けます。時には、夫婦だけでホテルに泊まってみるのもいいかもしれません。昨今の住宅事情を考えると、隣の部屋に寝ている子供がきになるとか、あの時の声を聞かれてしまうとかいったことで、セツクスを堪能できる状況にはないようです。そのために、一泊でもいいですから、のんびりとホテルに泊まって、夫婦水入らずの時間を作ることがマンネリ化を防ぐことにつながるのです。

 

これは、若いカツプルの方にもいえることです。子供がなかなかできないという相談を受けた時など、私はすぐにお住まいのことを間きます。すると、アパートが狹いとか、隣に親たちが寝ているとかで、セツクスに集中できないということがままあるのです。そんな時は、「ラフホテルでもいいから、ゆっくりしてくれば」と勧めます。給料が入ったときなら、それほど豪華なホテルでなくて

 

もいいから、一般のシティホテルにでも泊まってみることもいいでしよう。狭い自分のアバートの中とは違って、ずいぶんと優雅な気持ちで夫婦生活を楽しむことかできるはずです。

 

夫婦でこの危機を乗り越えよっ

夫婦でこの危機を乗り越えよっ

 

いくら焦ってみたところで、事態はますます悪くなるばかりです。インポテンツの場合、その原因のほとんどが精神的なストレスだと先に書きました。ということは、その精神的なストレスが解消されれば、インポテンツは治るということです。そのためには詳しく説明しますが規則正しい生活を心掛け、暴飲暴食や偏食をしないよう食事にも気を配り、ジョギングなどの軽い運動をして気分転換を計ることです。

 

しかし、「それがなかなかできないから、ストレスが溜まってしまうのだ」と言われるかもしれません。そこで、どうしてもパナ—の協力が必要になってきます。

 

例えば、仕事に疲れて帰ってきたのに、奥さんがガミガミと小言を言うようでは、ますますストレスは溜まるばかりです。ご主人の健康を生活全般にわたって注意してあげるよう、奥さんが優しく接してあげれば、それが結果的には夫婦円満にもつながり、ストレスも解消します。

 

また、夜の生活でも、奥さんのちょっとした心遣いが大切です。その時になって、ご主人がやっぱり駄目な場合でも、「この役立たず!」とか「もう歳のせいよ!」などと霜骨に倒するのではなく、「今日は疲れているからよ。お互いに元気の出た時また楽しみましようよ」などと優しく励ましてあげれば、それだけでも男は変わってくるのです。

 

このように、性の問題は夫婦で一緒に考えていかなければ、解決するものも解決しません。このことを、奥さんに十分に理解してもらうことも必要でしよう。

枯れてしまうにはまだ早い、六十歳の平均は”週一”

枯れてしまうにはまだ早い。六十歳の平均は”週一”

 

だからといつてこのまま諦めてしまつていいのでしょうか。江戸時代に活躍した貝原益軒という学者は、理想的なセックスの回数として、二十代では四日に一回、三十代では九日に一回、四十代なら十六日に一回、五十代は二十五日に一回’六十以上は「精を閉じて漏らさず」といぅ数字を上げています。

 

しかし、これはまったく根拠のない説であって、読売新聞社の先の社長だった務台光雄氏などは、三十代なら三日に一度、四十代なら五日に一度、五十代は八日に一度、六十代では十二、三日に一度といっているくらいです。

 

それに、アメリカの性科学者キンゼィが一九五五年に発表した、いわゆる「キンゼィ報告」にょると、実際にアンケートした結果、一週間の平均セックス回数は六十歳で一•三回、六十六歳で一回、七十歳でo.九回、七十五歳で0.三回、そして八十歳代でも.一回といぅのです。

 

もちろん、この調査は四十年も前のものてあり日本とアメリカの違いということもありますが、食生活や健康管理術が向上した現在の日本を考えた場合、平均的な日本人はキンゼイ報告以上の回数を行っていると思って間違いないでしょう。それなのに、四十代、五十代で早くもインポテンツというのは、少々悲しすぎませんか。

 

また、それほどのインポテンツでなくても、実際にキンゼイ報告の数字以下のセックスしか回数をこなしていなかったとしたら、それも問題です。逆にいえば、もつともっとセックスができるということなのですから。

責任世代のインボテンツが激増している

熟年シンドロー厶がお父さんを襲う

責任世代のインボテンツが激増している

性の悩みということでいえば、勃起不全、つまリインポテンツが圧倒的に多いといえます。それは、私がいろんな所に講演に行つたり、薬局の店頭で実際にお客さんと接したりしている経験上でも明らかです。

といつても、六十代、七十代の男性だけに見られる傾向かというと、そうではありません。最近では特に、四十代から五十代にかけての熟年層に多くインポテンツの症状が見受けられます。

しかし四十代、五十代といえば、まさに働き盛りの男盛り。どうしてインポテンツが増えているのでしょうか。

いろんな原因が考えられますが、主なものは精神的なストレスです。四十代、五十代となれば、会社の中でもそれなりの責任を負わせられることになり、いわゆる中問管理職として、上から仰えられ、下から突き上げられます。それなりの業績を上げなければ、出世はおぼつかないどころか、やれ人員整理だ、やれリストラだといった不景気風をもろに受けて、退職勧告さえ受けなければならないことも考えられます。最惡の場合は会社倒産です。

それに加えて、家族を振り返れば、子供がちょうど受験に差し掛かっており、家のローンだけでなく教育費の拾出をも心配しなければなりません。

しかも、家族のために一生懸命に働いて、疲れて家に帰れば、安らぎの場であるはずの家庭でさえ、子供たちにうるさがられ、奥さんからも粗大ゴミ扱いさてたら、たまったものではありません。

そうでなくても、いわゆる夫婦関係の倦怠期のために、どうしても奥さんと床を共にする気になれなかったり、せっかくその気になったのに、奥さんの方から拒否されて、そのまま夫婦生活がなくなったりということだってあるのです。こうなったら家に帰るより、会社の帰りに赤提灯に寄って、ウサを晴らしていた方がまだましです。いわゆる「帰宅恐怖症」のお父さんが増えているというのも、熟年シンドロー厶がお父さんを襲う責任任世代のインボテンツガ激増している

性の悩みということでいえば、勃起不全、つまリインポテンツが圧倒的に多いといえます。それは、私がいろんな所に講演に行つたり、薬局の店頭で実際にお客さんと接したりしている経験上でも明らかです。

といつても、六十代、七十代の男性だけに見られる傾向かというと、そうではありません。最近では特に、四十代から五十代にかけての熟年層に多くインポテンツの症状が見受けられます。

しかし四十代、五十代といえば、まさに働き盛りの男盛り。どうしてインポテンツが増えているのでしょうか。いろんな原因が考えられますが、主なものは精神的なストレスです。四十代、うなずけるでしょう。