責任世代のインボテンツが激増している

熟年シンドロー厶がお父さんを襲う

責任世代のインボテンツが激増している

性の悩みということでいえば、勃起不全、つまリインポテンツが圧倒的に多いといえます。それは、私がいろんな所に講演に行つたり、薬局の店頭で実際にお客さんと接したりしている経験上でも明らかです。

といつても、六十代、七十代の男性だけに見られる傾向かというと、そうではありません。最近では特に、四十代から五十代にかけての熟年層に多くインポテンツの症状が見受けられます。

しかし四十代、五十代といえば、まさに働き盛りの男盛り。どうしてインポテンツが増えているのでしょうか。

いろんな原因が考えられますが、主なものは精神的なストレスです。四十代、五十代となれば、会社の中でもそれなりの責任を負わせられることになり、いわゆる中問管理職として、上から仰えられ、下から突き上げられます。それなりの業績を上げなければ、出世はおぼつかないどころか、やれ人員整理だ、やれリストラだといった不景気風をもろに受けて、退職勧告さえ受けなければならないことも考えられます。最惡の場合は会社倒産です。

それに加えて、家族を振り返れば、子供がちょうど受験に差し掛かっており、家のローンだけでなく教育費の拾出をも心配しなければなりません。

しかも、家族のために一生懸命に働いて、疲れて家に帰れば、安らぎの場であるはずの家庭でさえ、子供たちにうるさがられ、奥さんからも粗大ゴミ扱いさてたら、たまったものではありません。

そうでなくても、いわゆる夫婦関係の倦怠期のために、どうしても奥さんと床を共にする気になれなかったり、せっかくその気になったのに、奥さんの方から拒否されて、そのまま夫婦生活がなくなったりということだってあるのです。こうなったら家に帰るより、会社の帰りに赤提灯に寄って、ウサを晴らしていた方がまだましです。いわゆる「帰宅恐怖症」のお父さんが増えているというのも、熟年シンドロー厶がお父さんを襲う責任任世代のインボテンツガ激増している

性の悩みということでいえば、勃起不全、つまリインポテンツが圧倒的に多いといえます。それは、私がいろんな所に講演に行つたり、薬局の店頭で実際にお客さんと接したりしている経験上でも明らかです。

といつても、六十代、七十代の男性だけに見られる傾向かというと、そうではありません。最近では特に、四十代から五十代にかけての熟年層に多くインポテンツの症状が見受けられます。

しかし四十代、五十代といえば、まさに働き盛りの男盛り。どうしてインポテンツが増えているのでしょうか。いろんな原因が考えられますが、主なものは精神的なストレスです。四十代、うなずけるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です