「高齢者意識調査」の結果ガ示す性への希求

人の営みとして当たり前のはずの高齢者の性

 

  • 「高齢者意識調査」の結果ガ示す性への希求

 

四十代や五十代ならいざしらず、六十代や七十代、またはそれ以上の年齢になると’人はどうしても「もう1だから仕方ない」と勝手に諦めてしまう風潮にあるようです。それゆえに、七十代になつても性欲があつたりすると「俺は異常ではないのか」とか「この哉で恥ずかしい」と思い込み、性欲を抑えようとする人もいます。

 

この風潮は、ある意味では仕方のないことかもしれません。というのも、若い人や中苹層くらいまでのセックス情報は、雑誌やテレビなどに犯濫しているのに、高齢者向けとなるとまつたくないからです。高齢者のセックスの実態や意識調査というものもほとんど表に出てこない状態です。これでは、たとえセックスを行っていたり、性欲をもつていたりしても、「この歳で俺は異常ではないのか」と不安に思うのも道理でしよう。

 

しかし、実際のところはどうなのでしようか。先頃、中日新聞に面白い記事が載っていました。それは、栃木県鹿沼市に住む川田一郎さんという産婦人科医の方が、近隣に住む六十から九十四歳の高齢者二千九百五十人を対象に無記名で行った「高齢者性意識調査」です。これによると、男性の五六.一%が「勃起する」と答えており、そのうちの六〇%以上が「射精可能」だとしています。

 

さらに、性欲に関していえば、「まつたくない」と答えたのは男性で百四十人、女性でも五百二十四人だけでした。

 

この調査結果を見ても、高齢者が性欲を抱くのはけつして不自然なことではなく、まして「恥ずかしい」などと思うほうが不自然だといえましよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です